2018年1月20日土曜日

uBITX 性能は。。

uBITX の性能を見てみました。
スペアナとかSSGなど、まともな測定器は持っていないので・・・
そこは適当です!

uBITXのFWは、直ぐにCEC版0.27に更新しています。
併せて、uBITX manager もPCへインストール
コレ、uBITXが凄く使いやすくなりますョ!
http://www.hamskey.com/2018/01/release-version-027-of-cat-support.html

出力パワーは次のようになりました。電圧にも依存するようです。


2018年1月16日火曜日

uBITX データ通信対応 追加工作編

年明けから、uBITXのFWがドンドン進化している。
FT-817互換のCAT仕様が動くようになり、
WSJT-X などからコントロール可能になっています。
詳しくは、KD8CEC局のサイト
http://www.hamskey.com/

そこで急遽データ通信用の工作を色々追加です。
AF-IN/AF-OUT 信号取り出しは、MINI-DINコネクタを追加

AF-IN は、MIC端子へキャパシタを入れて接続
(データ通信時にはマイクを外す)

AF-OUTをスピーカから取り出すとAFボリュウムに依存する為
ボリュウムに入る手前から取り出そうとしたが、
そのままではレベルが低い様子
 メインボードのAFアンプ(TDA2822)は2回路のICで1回路未使用
 いつでも使えるように周辺パーツも実装されている。
 そこを使えば簡単ですが・・・
 今は、メインボードに手を加えたくない気持ちが強いので。。。
簡単なアンプを追加して単独のAF-OUT信号を取り出すことにした。
ここで気づいたのですが、結線図の"VOL_MID"と"VOL_HIGH"が逆です。
ボリュウムの配線(VOL-High)から分岐させ単独のハズが、
相変わらずAFボリュウムに連動したのでビックリしました。
(回路図は正しく表記されています)


2018年1月11日木曜日

uBITX 工作編

いよいよケース加工

昔、共立エレショップで購入した・・・
訳ありアルミケースが丁度よい大きさだったので工作開始!

幅・奥行は良い感じですが、
コントローラを載せると高さがギリギリです。
メインボードは、付属のスタンドは使わず 
下にナットをかましただけで固定しています。


2018年1月5日金曜日

uBITX 到着

”クリスマス・セールで$109(送料込)” につられてオーダーしていた物が到着
12/30 インドから発送、1/04 到着 意外と早い。。。

uBITX とは、3.5MHz~28MHz をカバーしている
最高出力10WのSSB/CWトランシーバ
メインボードとコントローラは組み立て調整済みで、
ケースを用意して、周辺部品を接続すればトランシーバが出来上がります。

詳細はコチラのサイト
http://www.hfsignals.com/index.php/ubitx/


こんな梱包で到着


2017年12月20日水曜日

2200m Band (137.777kHz) 受信状況 悪化

9月に良くなってきたと書いたのですが、
11月後半から暖房器具からのノイズが増えだし・・・?
状況が悪化の一途
本来、電波伝搬的にはコンディション上昇のハズですが
都市雑音にはかないませんネ~

指標としている、JA1CGM さんの信号ですが
最近は、こんな状況が続いています。

10月16日の画像
こんなにクッキリと見えていたのですが



2017年12月18日月曜日

アンテナの調子が悪い

現用HF用アンテナ CP5HS
風の強い日に、7MHz FT8 で送信しているとSWRが大きく変化する。
時には、オート・チューナ(AT-100Pro)が再チューニング動作に入る。

目立つのは 7MHz だが 14MHz も少し変化している様子
21MHz から上のバンドでは気にならない。

台風と北風で、どこか緩んでしまったようです。
設置から、もうすぐ丸2年です。。。

アンテナ・アナライザ(AA54) で確認してみると


2017年12月15日金曜日

630m Band WSPR(474.2kHz) 受信

14日 23時過ぎから630mバンドWSPRを立ち上げたら何か信号が・・・
 和歌山 JA3TVF さんでした。

いつも使っている室内ループの指向性が東西固定の為、
京都から南の和歌山は、チョット不利?

で、途中から現用HF用設備と2台同時体制で受信し比較してみました。
赤字が、FT-991 とHFアンテナ(5バンドGP=CP5HS)使用でのSNR値です。
3dB程度、こっちが良いみたいです。。。
171214 1404   2 -25       0.49   0.4757015  JA3TVF PM74 30          0     1    0
171214 1408   2 -27       0.37   0.4757016  JA3TVF PM74 30          0   799    0
171214 1412   3 -23       0.49   0.4757016  JA3TVF PM74 30          0     1    0
171214 1420   2 -25 -21 0.58   0.4757015  JA3TVF PM74 30          0     1    0
171214 1428   3 -23 -20 0.58   0.4757015  JA3TVF PM74 30          0     1    0
171214 1434   3 -23 -20 0.54   0.4757016  JA3TVF PM74 30          0     1    0
171214 1440   2 -26 -23 0.58   0.4757015  JA3TVF PM74 30          0     6    0

いつもLF/MF受信用に使っているのは、
TS-480 に室内ループ・アンテナ(一辺2.2m前後の正方形 4mmアルミ線)
これ一応送信対応で、135kHz から 7MHz まで切換えて送信出来ますが・・・
交信実績が有るのは、1.9MHzと3.5MHzだけで
 それも、やっと拾ってもらったような・・さびしい。。。