2017年8月18日金曜日

FT8で運用 その後

しばらく運用してみて、現用設備では意外と7MHzが良い雰囲気!

昼間は、7041kHzで国内局
夜間は、7074kHzで海外局
約10m高の短縮GP(CP5HS)で国内は10W、海外は20Wで交信

海外局は、他局が交信しているのに全然デコードできない場合も多いが
デコードできる局は、呼べばなんとか拾ってもらえるケースが多い!
50Wまで上げても・・・たいして変わらない様子

US も、これまで KF7PG,N6WS,W3YX 各局と交信

EU はどうか?と、1回早朝に 7074kHz を聞いてみた。。。
すごい! EU各局がずら~~とデコードできる!
受信リストが、あっという間にスクロールされて画面から消えていく・・・

ただ、交信は DL5MEV局のみ
試しに、CQを出したが・・・2局から呼ばれるも交信成立ならず!
向こうでは混信が激しそう。。。?
さすがに、へなちょこ信号では無理でした。

元々朝は弱いので、再挑戦はしないと思いますが。。。

2017年7月30日日曜日

WSJT-X Version1.8.0 RC1 以降に追加/変更されたもの

WSJT-X Version1.8.0 RC1 リリース後に追加/変更されたもの
(RC2 で含まれてくると思います)

操作系だけについて色々

・左のスライダーが無くなりました。
最初、入力レベル調整・・・その後 Wide Graph のレベル調整に変更
普通、Wide Graph の Flatten が ON になっているので。。調整しても何も変化は出ず!

で、いまだにドキュメントを読まずに調整できないと言ってくる人が多いので・・・
無くしてしまったようですネ。。。

入力レベルに神経質になる必要は無く、dB 表示のバーが緑であれば良いとの事。


2017年7月24日月曜日

FT8 で運用してみて

細々と、14MHz メインで・・・FT8 しています。
グランドプレーンでは、14MHz も 50MHz のマルチ・ホップと同じで・・・
欧米は、ほとんど見えません!!
見えても飛びません!!!

FT8 は、RC1リリース直前に仕様変更されて若干デコード率がよくなっています。
当初、SNR-20dB以下はデコードしなかったのが
現在-22dBでのデコードも見られます。
たまに-24dB なんてのもあるが・・・これはちょっと・・・?
(ほとんど誤デコードですが、本物らしいのも有る)

基本、"Auto Seq" ON で交信するので、15秒T/Rでもそんなにバタバタしない。
作法に則ってテキパキと交信が進むので、気持ちがよい。

で、JT65 になると、時間がすご~く長く感じます!

FT8 でも、変な(汚い?)電波があります。
すぐ横にゴーストを伴った信号
 
最初2局と思っていたら、たまに同じコールサインで表示するので判明
どうしたらこんな事になるのか理解不能ですが。。。

一応自局もモニターしてみた
FT-991 ダミーロード送信、TS-480 で受信
問題なさそう。。。(周波数安定度がよくないけど・・・・・汗!)



2017年7月18日火曜日

WSJT-X FT8 モードの追加変更、完了

元々F1Dの免許が有るので、変更届を出しておけば即運用してよい・・・とか
ネット検索すると出てくるのですが。。。

直接、総通に聞いたわけでもないので・・・審査終了まで待機

7/03 変更届提出、 7/14 審査終了
電子申請 Lite を利用
 無線局事項書部分のみ記入
 変更する欄は、16 にチェック
 15 備考欄に、以下を記載
   第5送信機、第10送信機 附属装置(パーソナルコンピュータ装置)の内容(通信方式等)の変更(追加)
   工事設計書の内容に変更は無いので記載を省略する
 添付書類として、
  別紙、附属装置諸元(パーソナルコンピュータ装置)を作成

*第5送信機は TS-480、第10送信機は FT-991

新しい免許状を発行するので返信用封筒を送れとの指示。
内容は何も変わらないのだが、変更の記録を兼ねて・・そんな手順になっているみたいです。


2017年7月8日土曜日

WSJT-X の最新版は・・・?

現在開発中の、 WSJT-X v1.7.1 r7812 を
WSJT-X Version 1.8.0-rc1 として来週にはリリース予定との事。

追記 07/11
最終的に、r7843r7847 が WSJT-X Version 1.8.0 RC1 としてリリースされました。
ダウンロードはコチラから
https://sourceforge.net/projects/wsjt/
又は、
http://physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx.html

注意!
WSJT-X v1.7.1 r7812 の FT8 モードは、プロトコルを変更しているので、
WSJT-X v1.7.1 r7782 以前とは通信できない。


IARU Region の設定が追加され、推薦周波数も一部変更されている。
FT8 は、JT65 の周波数から -2kHz に変更したようです。(一部を除く)


2017年7月6日木曜日

WSJT-X FT8 を受信 その後

14.079MHz を受信している・・・、徐々に増えてきている様子。
2017/07/04 夕方





WSJT-X の ALL.TXT から、 2017/07/01 以降を抜き出してみました
連続CQなどは削除したデータです。
(24時間連続受信ではありません!)




2017-07-01 05:23  14.079 MHz  FT8
070545 -15  0.2  940 ~  I4WQH VK6KXW OF87    
073130 -17  0.2 1359 ~  IU0HUN VK6KXW -18    
083300 -15  0.3 1564 ~  RW4LMR VK6KXW 73     
090130 -14  0.9  949 ~  G3PXT YB5QZ OJ00     
090700 -14  0.9 1160 ~  G3PXT YB5QZ 73       
090930 -13  0.9 1187 ~  PA7ZZ YB5QZ 73       
091800 -15  0.9 1052 ~  F8RZ YB5QZ 73        
103315 -17  1.0 1298 ~  RA3RKA YB5QZ 73      
103445 -18  1.0 1298 ~  RW4LMR YB5QZ 73      


2017年7月1日土曜日

WSJT-X FT8 を受信

JTAlertX も早速 FT8 モードに対応しているので
HamSpots で状況を確認できます。
http://hamspots.net/ft8/

14MHz と 50MHz で、US局中心で交信している様子が見えます。

50MHz は無理なので、14MHz(14.079MHz)を受信してみた結果。。
US がオープンしていない・・・?

2017-06-30 10:06  14.079 MHz  FT8
111115 -16  0.7 2165 ~  CQ JAxxxx PMxx       
111215 -19  0.7  469 ~  CQ JAxxxx PMxx       
111300 -19  0.3  466 ~  JAxxxx EI4KF IO54    
111530 -17  0.3  773 ~  PA3DJV EI4KF R-16    
111630 -18  0.3  773 ~  PA3DJV EI4KF 73      
112945 -18  0.8  768 ~  CQ JAxxxx PMxx       
113015 -17  0.8  768 ~  CQ JAxxxx PMxx       
113045 -19  0.8  768 ~  CQ JAxxxx PMxx       
ここで一旦中断